• 業務用脱毛機の違いで施術期間が変わるって本当?

    次の夏までには腕や足はもちろん、両脇やVIOラインのムダ毛も綺麗に脱毛したいという人はいませんか。
    脱毛を受けるにはエステサロンや美容クリニックに通う必要がありますが、そこで使用されている業務用脱毛機を理解しておくことが大切です。
    何故なら、業務用脱毛機が違うと、脱毛を完了させるまでにかかる期間が変わってくるからです。
    業務用脱毛機にはレーザーを放射するタイプと、フラッシュを放射するタイプに分類することができます。
    一般的に、美容クリニックではレーザータイプ、エステサロンや脱毛サロンではフラッシュタイプの業務用脱毛機をメインにして施術を進めていきます。


    レーザータイプもフラッシュタイプも、2か月から3か月ほど間隔を空けながら脱毛施術を進めていきます。
    これは、ムダ毛の成長スピードが深く関わっているからで、この頻度も最も脱毛の効率が良いと言われています。


    レーザータイプで脱毛をした場合、脱毛効果に満足するまでの施術回数は5回から10回ほどになるのが平均です。


    これに対して、フラッシュタイプで処理した場合は、12回から18回ほどかかるのが一般的です。

    期間で言うと、レーザーでは半年から1年半、フラッシュだと2年から3年ほどになってきます。

    これは、レーザータイプの業務用脱毛機のほうが、ムダ毛の毛根に大きな負荷を加えることができるからです。ですが、レーザータイプは痛みが強いというデメリットがあるので注意が必要です。